商品検索

ショッピングカートを見る

2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
店舗(多摩市唐木田)の開店予定です。 定休日は日・月・火・祝日及び第1・3土曜日 ※イベント出店に伴う不定休あり

ショッピングカートを見る


本物の化石をお求めなら(本家)KASEKIYAへ




◆2016年
ミネラルショー予定
※KASEKIYAのサイトへジャンプ
rss atom
デボン紀の生物
シリーズ3作目は「デボン紀の生物」。たくさんの魚類化石が出現することで知られるこの時代。最強の甲冑魚ダンクルオステウス、海のハンター・サメ、現生の大部分が属する硬骨魚類などが登場し、水中は“大魚類時代”へと変貌を遂げます。一方、陸上ではついに昆虫類が誕生。現世を謳歌する虫たちの祖先が闊歩し始めます。本書では、魚類をメインにデボン紀をヒューチャー。最新の研究成果をもとに、魚類はなぜ多様化したのか、前時代から生き延びた水中生物はどうなったのか、また陸上の生態系はどう変化したのか、そんな疑問に迫りつつ、デボン紀末の大量絶滅までを見ていきます。

発売日: 2014年07月
著者/編集: 土屋健, 群馬県立自然史博物館
出版社: 技術評論社
サイズ: 単行本
ページ数: 141p

・ 型番
BK-012
・ 販売価格

2,894円(税込)

・ 購入数

クイック購入