商品検索

ショッピングカートを見る

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
店舗(多摩市唐木田)の開店予定です。 定休日は日・月・火・祝日及び第1・3土曜日 ※イベント出店に伴う不定休あり

ショッピングカートを見る


本物の化石をお求めなら(本家)KASEKIYAへ




◆2016年
ミネラルショー予定
※KASEKIYAのサイトへジャンプ
rss atom
ジュラ紀の生物 
恐竜を圧倒し大型化したクルロタルシ類は、三畳紀末の大量絶滅で大打撃を受ける。比較的小型のまま推移していた恐竜類は大量絶滅期を乗り越え、ついに陸上の主役の座に躍り出る。海中では海棲爬虫類が隆盛を極め、魚竜、首長竜がさらなる進化を遂げる。繁栄を謳歌する恐竜と海棲爬虫類たち。その傍らで静かに登場する鳥類、細々と命脈を保つ哺乳類。ロマン溢れるジュラ紀という時代を、生物たちはどのように生き抜いたのだろうか。


発売日: 2015年07月
著者/編集: 土屋健, 群馬県立自然史博物館
出版社: 技術評論社
サイズ: 単行本
ページ数: 167p

・ 型番
BK-015
・ 販売価格

2,894円(税込)

・ 購入数

クイック購入